前面カメラ

FFC(前面カメラ)は、高級車から初心者向けの車両まで、ほぼデフォルトで搭載されています。FFCを、より高いフレームレートと解像度で動作させることで、高速走行時の制御性を高め、道路利用者の予期せぬ挙動に即応できるよう、より低いレイテンシを実現しています。

Hailo AIプロセッサは、必須のディープラーニングワークロードに対応し、さらに、より安全な運転支援を可能にするものとして、進化するADAS(先進運転支援システム)のランドスケープのニーズに対応するように設計されています。自動車用のAIカメラメーカーは、Hailo AIプロセッサをコプロセッサに採用して、パワフルで非冷却のコスト効率の高いカメラを造り出しています。これにより、性能が大幅に向上するとともに、(小型であり、外部メモリ不要であるため)カメラプロセッサ面積を縮小して、消費電力と放熱量を低減しています。FFCに採用されたHailo AIプロセッサは、高解像度の画像を圧縮することなく、つまり、圧縮に伴う遅延、品質、精度の低下を心配することなく、処理できます。

Hailo AIプロセッサは、AEC-Q100グレード2の自動車AIプロセッサであり、ASIL-Bに準拠するISO26262ガイドラインに従って開発されています。

製品に関するお問い合わせ

アプリケーション

自動車

参考デザイン

No items found