ADAS電子制御ユニット

より高度な自律運転への道を切り開くには、本質的に、より速く、より正確なセンサーと、送られてきたデータをリアルタイム処理する能力が必須不可欠です。VRU(交通弱者)保護、車線逸脱防止支援、後方・側方衝突回避、AES(自動操舵回避)、自動駐車などのアプリケーションでは、複数のソースからの映像を処理する必要があり、車両の360度ビューも必要です。

Hailo AIプロセッサは、拡張性を考慮して設計されているため、ADAS(先進運転支援システム)が要求する厳しいディープラーニングのワークロードに対応できます。一枚の小型で低消費電力のチップで、複数の映像ストリームを処理できるほか、複数のチップをタンデムまたはカスケードで動作させることもできます。これらの機能はどれも、業界をリードする効率性と拡張性、高スループットと低遅延を保持したまま実現できます。このソリューションの柔軟性により、さまざまな解像度や入力サイズで、さまざまなタイプのカメラ入力を使用できます。これらの優れた機能により、Hailo-8はADAS ECU市場をリードするAIプロセッサとなっています。

Hailo AIプロセッサは、AEC-Q100グレード2の自動車AIプロセッサであり、ASIL-Bに準拠するISO26262ガイドラインに従って開発されています。

製品に関するお問い合わせ

アプリケーション

自動車

参考デザイン

No items found