自動車

「ビジョン・ゼロ」の追求は、欧州の自動車安全協会であるEuroNCAPが、2025年に向けた次のハイレベルな目標として設定したものです。自動車のAI化に向けた道のりでは、インテリジェントな知覚技術が、その舵を取ります。交通弱者(VRU)保護機能から、車内のドライバーモニタリングまで、放熱性、量産品質、面積や価格の制約をクリアしながら、演算能力の高いマシンが必要とされるのです。

 

Hailoは、AI自動車技術の最前線にいるOEMやティア1と協力して、進化する安全基準や規制を満たしながら、最先端のディープラーニング性能を多様な支援型自動運転システムに取り入れられています。HailoAIプロセッサは、AEC-Q100グレード2の自動車用AIアクセラレータであり、ASIL-B規格を満たすISO 26262ガイドラインに従って開発されています。

アプリケーション

  • ADAS
  • 自律運転
  • 車内モニタリング

近年、先進運転支援システム(ADAS)を搭載する自動車はますます増えています。進化する規格や規制(EuroNCAPのビジョン・ゼロやVRU保護重視など)により、AES(自動操舵回避)、車線逸脱防止支援(またはアクティブ車線維持支援)、後方および側面衝突回避といった視覚ベースシステム搭載の需要が高まっています。

現在、ADASシステムは、特殊なインテリジェントカメラに大きく依存しており、限られた消費電力と面積内で、強力な処理機能を必要とするため、従来のプロセッサ(すなわち、CPUやGPUなど)に制約されています。Hailo AIプロセッサは、自動車専用システムにおいて、効率的で高スループットかつ低電力のAIプロセッシング用に設計されています。その低電力要件内で、1つまたは複数の高解像度映像入力について複数のニューラルネットワークをリアルタイムかつ低レイテンシーで実行することができるため、最先端のADASアプリケーションのサポートに最適です。

完全な自律走行の実現に向けて、ADASの要件や技術は急速に進化しています。OEMやティア1は、可能な限り、各社の製品やサービスの成長を支えることになる拡張性のある自動車用AI技術にスマートな投資を行うことを検討しています。Hailoは、業界をリードする性能とスケーラブルな構造定義型データフローアーキテクチャを備えたADASプロセッサを提供し、このアーキテクチャにより、Hailoのパートナーは今日のAI自動車への投資を将来にわたって保証できます。

より高度な自律性の実現に向けて、自動車の計算能力に対する要求が高まり続けています。L3以上の自律性では、人間のドライバーが段階的にループから取り除かれるにつれて、複雑なマルチセンサーシステムが関与する度合いが増え、より多くの機能を必要とします。数多くの視覚、つまり、その他の新しいセンサーと、それらの融合には課題があり、ニューラルプロセッシング要件はADASよりもさらに高いことは明らかです。Hailo AIチップが現在提供しているプロセッシング能力は、一連の高解像度映像とさまざまな種類のセンサーのリアルタイムAIプロセッシングに対応できます。そのハードウェアアーキテクチャとソフトウェアは、スケーラブルで、さまざまなレベルのニューラルワークロードに合わせて最適化できます。さらに、複数のチップを組み合わせることで、さらに大きなワークロードに対応することもできます。

Hailo AIプロセッサの抜群の性能と拡張性により、Hailoのパートナーである一流の自動車OEMやティア1は、面積と熱放散の厳しい制約を満たしながら、短期的なADASへの投資と長期的なAVへの投資との間の共通点を最大限に活かすことができます。

ドライバーモニタリング、乗員モニタリング、幼児置き去り検知などの車内知覚アプリケーションは、欧州NCAPのロードマップで目指している安全要件になりつつあります。

1つの小型で低電力のHailoAIプロセッサチップは、複数のニューラルネットワークとセンサー入力に対応できるため、業界最高水準の効率性、高スループット、低レイテンシーを維持しながら、車内モニタリングシステム全体を高速化して、即座の救命対応を実現します。

リファレンスプラットフォーム

Resources

動画
ドキュメンテーション
ホワイトペーパー

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam.