イスラエル国防軍のエリート技術部隊のメンバーによって2017年にイスラエルで設立されたHailoは、エッジデバイス向けに世界最高クラス性能のAIプロセッサを開発しました。

Hailoは、一流のAIチップ会社として、また、世界的に事業活動を展開し、さまざまな分野で世界をリードするパートナーとして、Hailoのディープテクノロジーは、AIチップ業界を変革し、新たなコンピューティングの可能性を確かなモノにしています。

AIプロセッサは、自動車スマートシティ小売インダストリー4.0など、様々な業界や用途のスマートデバイスにフィットするように設計されています。

スマートエッジテクノロジーの可能性を最大限に発揮できるようにすることが、Hailoの使命です。Hailoが提案するソリューションは、現在と未来のAIテクノロジーと、そのアプリケーションの動作に必要な計算能力との間にあるギャップを埋めます。

Hailoは、膨大な量のデータをリアルタイムで計算し、解釈できるコンパクトで効率の良いAIプロセッサ、つまり、エッジデバイス自体に組み込めるプロセッサを構築することに取り組んでいます。

クラウド上でしか実行できなかった複雑なAIアプリケーションは今や、エッジ上で動作させることが可能になり、しかも、わずかな消費電力で実現するようになっています。